Skip to content

離乳食期の赤ちゃんの便秘対策を友人に教えてもらいました

私が友人に赤ちゃんの便秘解消法を相談すると、友人はインターネットの情報と自分の体験から有用な方法を丁寧に教えてくれました。

私が感謝していると友人は「離乳食期の赤ん坊の便秘解消法もこの際知っておいたほうがイイよ」

と言い出します。

「離乳食期と言うと大体生後五ヶ月以降の赤ん坊だよね。我が家の赤ちゃんはまだ授乳期だから関係ないように思えるんだけど」

「何を言ってるんだい。君の家の赤ちゃんもアッと言う間に離乳食期に突入するよ。予めその時期の赤ん坊の便秘解消法は知っておいたほうがイイに決まっている。それに離乳食期は赤ん坊の食生活が大幅に変わっていく時期だから授乳期よりもズッと便秘になりやすいんだよ」

友人の発言はもっともです。

私は考えを改めました。

「分かったよ。確かに私の考えが浅はかだったみたいだ」

私の発言に友人は気を取り直したようです。

「離乳期で特に気を付けなければならないのは赤ちゃんの腸の中の細菌も変化して、お腹の中に一定期間便がとどまるように体質が変化していることなんだ。だから授乳期と比べてウンチの出るサイクルが遅くてもあまり慌てず、出てきた便をキチンと確認することが大事だよ」

友人の言葉を私はしっかり受け止めました。

友人は私に離乳食期の赤ちゃんの便秘解消法をレクチャーしてくれました。

「この時期は母乳やミルクの摂取量がだんだん少なくなってくるよね。油断していると赤ん坊が取り込む水分の量が減少してウンチが固くなりがちなんだ。体内で固くなった便はそもそも便秘の原因になりやすいし、ちゃんと排便が出来ていてもその固さが赤ん坊に負担をかけてウンチをすることを嫌がるようになってしまう可能性もあるのさ」

「だから赤ちゃんのウンチを毎度チェックするのが大事なんだね」

「そうだよ。便が固くなってきているようなら要注意だ。薄めたミルクなどで水分補給してあげると良いよ。急いで離乳食に慣れさせようとしないで、時間をかけて赤ちゃんの便を観察しながら離乳食に移行していくことが大切なのさ。生後九ヶ月を過ぎたあたりから離乳食後期に入ると食べ物の種類も多彩になってくるけど、その時は便通に効果のある食べ物をたくさん用意してあげると良いね。もちろん十分な量の水分摂取も忘れちゃいけないよ。それから赤ちゃんの生活リズムを整えてあげてお昼は積極的に身体を動かすようにすると腸の刺激にもなるし便秘になりにくくなるよ」

友人の親切な教えを無駄にしないようにしようと私は思いました。